サイト科院

ヘッダーイラスト

 

  1. ホーム  >
  2. 気になる医療関連記事  >
  3. 保険担当者からの質問の回答例

気になる医療関連記事

このページは、交通事故の患者さんが来院された時に、損保会社の担当者さんから質問された場合の解答例を記載しています。某組合の研修を参考に作成しています。
意外と返答に詰まる質問にも遭遇しますので、少し読んでいるだけでも今後対応しやすい時もあるのかなぁと思います。

保険担当者からの質問の回答例

余談ですが、まず政府保証事業について簡単に説明します。
「ひき逃げ事故」「無保険事故」にあったために、自賠責保険・共済による救済の対象にならない被害者について、政府がその損害の補填を行う制度です。
基本的に労災保険や健康保険が適用となります。
手続きは損害保険料率算出機構に加盟している損保会社を通じて行います。

検査機器も充実しているし、医学的レベルの高い医療機関より、患者さんはなぜ接骨院・整骨院を選んで通院するのか疑問です。
骨折・脱臼の応急処置、捻挫・打撲・挫傷以外の患者さんは勿論対応できませんが、最初に医療機関に通院してから接骨(整骨)院に来られる方は、(検査は別ですが)その後の処置・対応が接骨(整骨)院の治療に満足されているからではないでしょうか。
近年、交通事故において医療機関より柔道整復師の利用件数が多くなり問題とされています。一部の人が言われるように接骨(整骨)院をよく知らないから通院しているのではなく、むしろ知っているからこそ患者さん自身が”自己責任による選択権”で通院されている方が多いように思います。
なぜ、毎日の通院が必要か。
治療の根幹を成すものは物理療法であり、運動療法ですが、接骨(整骨)院問わず治療は継続性が必要です。例えば、内科的な薬物療法なら自宅でも投与ができ治療が可能です。お薬も途中で止めることが好ましくないのは周知の事実です。
接骨(整骨)院の治療は自宅ではできない(理由があれば出来ます)ために、通院して頂くことにまります。治療は一度だけやっても無意味であり毎日毎日の積み重ねが大事です。
したがって自然と治療回数が増え、通院回数が増えるのも接骨(整骨)院の特徴といえます。

毎日の経過を見ながら症状の変化に合わせた治療(固定・包帯・テーピング・手技療法等)をすることにより、治癒効果を効率よく高める事ができます。

患者自身が求める本当の意味での「手当て」を毎日受けられることにより「今日の安心」を得られます。
病院から接骨(整骨)院に転院すると、部位が増えたり病名が違ったりするのはなぜか。
受傷後、転院して数日経過してから症状が発生する場合があります。 特に、交通事故のようにストレスが大きい場合は、アドレナリンによる痛覚麻痺の作用も働きます。数日経過し、落ち着いてきた頃に痛みを感じ始め、部位が増えたりします。
打撲・捻挫なのになぜ3か月を超えるのか。
負傷原因や損傷の程度や損傷組織等、個人差があり、回復の過程は誰一人として同じ経過をたどりません。特に関節部・過重付加部の損傷は負担がかかり、腱付近の損傷では血液分布も少ないため治療が長引く傾向があります。
従って、一律に打撲・捻挫が3ヶ月で必ず治るとは言えません。
ただし、概ね3ヶ月程度で8割が施術を終えるという統計もあります。それは逆に2割の方は3ヶ月超の施術が必要な場合があるという裏付けでもあります。
負傷名・治療部位は、レントゲン等検査機器がない中で、どの様にして決定しているのか。
骨折・脱臼・打撲・捻挫のそれぞれに固有の症状があります。
問診・視診・触診・計測・健側との比較・原因などから損傷し得る部位を、主訴を参考にして他覚的・徒手検査等で判断します。
その上で必要な時は、医師にX線等の検査を依頼して確定しています。
もう通院は必要ではないと思うが、なかなか終わろうとしない。自分がケガした時でもそんなに通院するのか疑問だ。
軽微な事故のようでも動いている車のなので外力が大きく損傷も負傷名のイメージより強い事が多い。
被害者意識の強さ(自分は悪くないのにケガさせられた。元の身体に戻るまで治療する権利がある)。
治りにくい、再発するかもしれない、治療を終えて痛みが増すかもしれないというイメージによる不安感。
時に不誠実な加害者・代理人である損保会社の担当者への不信感。
施術者によるメンタル面でのフォローがかなり重要です。

治療期間の判断基準は
骨折では骨癒合期間、固定期間を参考にして判断。 打撲・捻挫では程度により固定期間に違いはあるが関節部の負傷であれば関節可動域・徒手検査により判断。
交通事故の場合は外力が日常の発生する負傷と比較して強いため、損傷程度も大きくなる場合が多い。
車両の損傷レベル、修理金額なども患者さんの負傷程度の指標のひとつとして参考にする場合があります。
子供さん(小学生程度)の施術に関し、接骨(整骨)院によって対応がまちまちと思いますが、施術の方法や期間など、どのようにご対応されていますか。
電療、温罨法、冷湿布、手技等の施術。
ケガの程度にもよるが、約1ヶ月程度を目安としています。
施術の方法は、基本的に同じですが(整復、固定など)、例えば低周波などは子供は短くしている。
施術期間は、子供の方が早く回復するため基本的に短い。
慢性期の施術は、その効果がみられないとお聞きしています。その点について慢性期の判断基準、その後の施術の必要性について教えてください。
受傷から2~3ヵ月の施術を基本とし、それ以上の施術をしても症状の改善が期待できないと判断した場合、その後の施術は不要と考えます。
但し、3~4ヵ月経ってから「仕事が出来るようになった」、「元の日常生活に近づいている」と、回復を伺わせる例もあるため、患者によく確認した上で判断します。
打撲・捻挫で「包帯交換料」の請求があります。どのように使用されているのか、教えてください。
患部の固定及び湿布の固定等、打撲・捻挫で包帯交換を請求する場合は、運動痛があり、腫脹があったりする場合には固定します。 包帯で固定する場合もあるが、テーピングで固定したり、マジックテープなどで固定する場合もあります。