サイト科院

ヘッダーイラスト

 

  1. ホーム  >
  2. 気になる医療関連記事  >
  3. 医療記事  >
  4. ビタミン欠乏症状

気になる医療関連記事

ビタミン欠乏症状

ビタミンは、三大栄養素とは異なりますが、生体の発育、成長、健康の維持に不可欠な低分子の有機化合物です。

多くの場合、体内で必要なだけ合成できず、外界からの補給に依存しています。

ビタミン欠乏症は、食事としての摂取量の不足による一次性欠乏症と、吸収障害、利用障害などによる二次性欠乏症とに分類されます。

後者は、吸収不良症候群、肝胆道疾患、薬剤などにより生じます。各欠乏症は欠乏ビタミンの投与により劇的に改善しますが、他のものでは代用できません。

二次性欠乏症ではビタミン補給のみでなく、原疾患の治療も並行して行う必要があります。

1.各種ビタミンの概要

*は脂溶性ビタミン=ビタミン(D.A.K.E)
他は水溶性ビタミン
各種ビタミンの概要
ビタミン作用欠乏症状所在
ビタミンA*(A,A2)
プロビタミンA
αカロチン
βカロチン
γカロチン
視紅の成分:
上皮細胞の維持
夜盲症
皮膚の乾燥
黄色い野菜と果物、肝臓、バター、卵黄
ビタミンB1
(チアミン)
脱カルボキシル基の補助因子 脚気神経炎 肝臓、無精白殻類
ビタミンB2
(リボフラビン)
フラビン蛋白の成分 舌炎、
口唇炎
肝臓、牛乳、緑色野菜
ナイアシン
(ニコチン酸)
(ニコチン酸アミド)
NAD+、NADP+の成分 ペラグラ イースト菌、
赤身の肉、
肝臓、牛乳、卵
ビタミンB6
(ピリドキシン)
体内で酸化還元に関わる 痙攣、
刺激過敏症
イースト菌、
小麦、肝臓、牛乳、卵、
トウモロコシ
パントテン酸 CoAの成分 皮膚炎、腸炎、
円形脱毛症、
副腎機能不全症
イースト菌、
肝臓、卵
ビオチン CO2”固定”を触媒(脂肪酸合成などのとき) 皮膚炎、腸炎 卵の黄味、
肝臓、トマト
葉酸 ”1炭素”移転の時の補酵素 スプルー、貧血 葉状の緑色野菜
ビタミンB12 アミノ酸代謝の補酵素、
赤血球増生を刺激
悪性貧血 肝臓、肉、卵、ミルク
ビタミンC
(アスコルビン酸)
コラーゲン合成のときプロリンとリシンの水酸化に必要 壊血病 柑橘類、葉状の緑色野菜
ビタミンD 小腸におけるカルシウムとリン酸の吸収増大 くる病 魚肝
ビタミンE 抗酸化作用、
チトクロム電子伝達系の補助因子
不妊、貧血、
赤血球膜の脆弱、
筋ジストロフィー
ミルク、卵、肉、
葉状の緑色野菜
ビタミンK
(K1、K2、K3
血液凝固に関係する各種蛋白のグルタミン酸残基にγカルボキシル化を促す反応を触媒 出血性素因 葉状の緑色野菜
コリン 坑脂肪肝性 脂肪肝 卵黄、肝臓、肉

2.欠乏症状

【夜盲症】

光覚の減弱または暗順応が遅延している状態をいう。昼間またはあかるいところでは視力は健常であるが、たそがれ時、あるいは光の弱い灯火の下では視力が急速に減退し、時間が経過しても視力が回復しないか、または長時間ののちに暗順応が増強する(小口病)。

先天性と後天性、停止性と進行性、原発性と症候性、および明所の視力や視野に異常のあるものとないものなどにより分類される。

後天性夜盲のうち、ビタミンA欠乏により生じる夜盲を特発性夜盲とよぶ。本態は、杆体機能の低下脱落による。

瞳孔強直や虹彩後癒着などにより暗所で散瞳が起こらかったり、白内障や角膜混濁などのため散瞳が起きても十分の光量が眼内に入らないときにも起こる。


【脚気】

ビタミンB1欠乏により生じる疾患で、白米食、飲酒、筋肉労働が誘因となる。主症状は、

  1. 神経・筋症状(多発性神経炎による知覚鈍麻、運動麻痺、腱反射以上、視神経炎、腓腹筋握痛)
  2. 循環器系症状(心拡大、第二肺動脈音亢進、不整脈、心電図異常)
  3. 浮腫
  4. 消化器症状(食欲不振、心電図異常)
であり、重篤な場合には死亡することもある(脚気衝心)。

萎縮型(乾燥型)、衝心型、浮腫型に分類される。診断は上記臨床所見に加えて、血中B1定量。B1負荷試験、血中ピルビン酸。乳酸値上昇、尿脚気反応、赤血球トランスケトラーゼ活性低下が有用である。

治療はビタミンB1大量投与と食生活の改善による。


【神経炎(ニューロパチー)《末梢神経障害》】

末梢神経障害の総括的名称。原因は遺伝、外傷、中毒、炎症、代謝異常、悪性腫瘍、末梢神経腫瘍圧迫など、多彩。

障害分布では、モノニューロパチー、マルチプル・モノニューロパチー、ポリニューロパチーに分類される。

症状は知覚障害、運動障害、筋緊張低下、反射消失、自律神経障害など。筋電図では神経原性パターンを示し、末梢神経伝導速度低下をみとめる。

病理所見は軸索変性、節性脱髄、Waller変性などの非特異的変化である。治療はリハビリテーションとともに、ステロイド、ビタミン、抗炎症製剤、鎮痛剤、末梢血行改善剤などを用いることがある。


【口唇炎】

口唇の腫脹、浮腫、さらにびらん、落屑、潰瘍を示す状態。口紅などの接触アレルギー、小児で舌でなめるために生ずるもの、光線過敏(下口唇に症状が強い)によるものなど、外因性のものがある。

そのほかに、小唾液腺の炎症性・増殖性変化にいおる腺性口唇炎、原因不明の稀な形質細胞性口唇炎、肉芽腫性口唇炎などがある。

肉芽腫性口唇炎に顔面神経麻痺、陰嚢舌を合併するものをMelkersson-Rosenthal症候群という。


【ペラグラ】

ニコチン酸欠乏が原因の疾患。日光照射が誘因となって発症する。露光部(特に手背)に対称性に境界鮮明な赤紫色の紅斑を生じ、掻痒、灼熱感がある。下痢などの胃腸障害を伴い、舌乳頭は赤く腫脹する。

頭痛、不安、耳鳴、幻覚などの精神神経症状も現れる。皮膚症状、胃腸症状、神経症状の三徴候で診断は容易である。


【葉酸欠乏性貧血】

葉酸の欠乏により赤芽球の分裂増殖が低下して生ずる貧血。骨髄で巨赤芽球をみる大球性高色素性貧血である。悪性貧血に類似するが、神経症状は少ない。

原因には、抗癌剤、特に葉酸拮抗剤の使用、妊娠、悪性腫瘍、抗痙攣剤使用などがある。葉酸投与により一般に回復する。


【悪性貧血】

胃液、内因子欠乏によるビタミンB12の吸収障害のために生ずる大球性貧血である。骨髄中に巨赤芽球がみられ、亜急性連合脊髄変性、根性神経炎などの神経症状やHunter舌炎などの症状が貧血症状のほかにみられる。

ビタミンB12が発見されるまでは治療困難であったため、悪性貧血の名があるが、現在ではビタミンB12製剤の注射により比較的簡単に治癒する。


【壊血病(ビタミンC欠乏症)】

ビタミンC欠乏の結果、コラーゲン形成が障害され、出血傾向を主症状とする疾患である。人工栄養乳児に起こったものをMoller-Barlow病という。

本症は徐々に起こり、全身倦怠、脱力、食欲不振など一般症状のほかに、皮膚が乾燥し、毛嚢は角化し、その周囲に紫斑様出血が起こる。さらに進行すれば、歯ぐき、筋肉、骨膜、皮下、粘膜に出血が起こる。

壊血病の出血は、毛細血管透過性の増大が原因で、Rumpel-Leede現象は陽性のことが多いが、出血時間、凝固時間、血小板、プロトロンビン値などは基準値である。

治療は、ビタミンCを1日量100~1,000㎎、経口的に、または注射で投与する。


【くる病】

ビタミンD欠乏による骨の石灰化障害。骨基質は正常に形成されるが、石灰化障害のため、骨塩の沈着しない類骨組織が過剰に形成される病態である。

くる病と骨軟化症は本質的に同一疾患であり、成長過程における小児の骨石灰化障害を基盤として骨端軟骨閉鎖以前に発症した場合がくる病である。


参考文献

福井医科大学名誉教授-根来英雄著:生理学

横浜市立大学教授-貴邑冨久子著:生理学

医学大辞典