サイト科院

ヘッダーイラスト

 

  1. ホーム  >
  2. 整形外科学  >
  3. 骨盤・下肢の解剖

1.股関節の解剖

股関節の特殊性
  1. 寛骨臼と大腿骨頭よりなる球関節で、同じ球関節である肩関節に比し可動性は少ないですが、荷重に耐えられるように作られています。これは、臼は深く、骨頭の大部分を被覆し、関節包の外側は強靭な靭帯により取り囲まれています。寛骨臼縁にはこれを縁どるように線維軟骨ないし線維組織の関節唇が存在し、臼下方部では横靭帯であり、全体として完全な輪を形成しています。また、臼窩と骨頭窩のあいだは骨頭靭帯(円靭帯)が存在し、この中を骨頭血管が通り、成長時期により骨頭窩部周辺の小部分の栄養に関与しています。

  2. 股関節のイラスト

  3. 関節包は全面では大腿骨頸部全体を包んで転子間線上についていますが、後面では転子間稜より近位の頸部についています。したがって全面では、頸部はすべて関節包内であるが、後面では頸部の遠位1/3は関節包外となります。

  4. 関節包を裏打ちするように滑膜があり、関節包頸部付着部で滑膜は反転して大腿骨頭頸部全周をおおっています。骨頭および頸部を栄養する血管はその滑膜下を走行します。
  5. 骨盤関節のイラスト

  6. 大腿骨頭栄養血管:大腿骨頭あ血管分布の関係から阻血に陥りやすい特徴をもっています。骨頭の大部分は内側回旋動脈の分枝である外側骨端動脈の支配を受けます。それゆえこの動脈が侵害されると骨頭壊死が起こります。このような特殊な血行動態がPerthes病、大腿骨頭頸部骨折や外傷性股関節脱臼後に起こる骨頭壊死、特発性大腿骨頭壊死などの発生に関係します。

股関節運動に関係する主な筋群
支配神経:前面筋群は大腿神経、後面筋群は坐骨神経、内側筋群は閉鎖神経からの枝により支配されています。

2.膝、下腿・足の解剖

  1. 膝関節は大腿骨内顆、外顆、脛骨関節面および内、外側半月と、これらを結合する内、外側副靭帯、前、後十字靭帯、関節包からなり、前方は膝蓋骨を含む筋肉や支帯がおおっています。
  2. 膝関節のイラスト

  3. 大腿四頭筋は膝の前面をおおう強大な筋肉で、膝の安定装置 stabilizer として重要なものです。これが弱化すると、膝の不安定感、疼痛、giving way(膝折れ)症候などが現れます。
    側副靭帯や十字靭帯損傷があっても、大腿四頭筋が強ければ、ADL上の障害は経度です。

  4. 膝蓋骨は大腿四頭筋の種子骨であり、膝の伸展にさしてテコの作用をします。膝蓋骨を切除すると筋力は約2/3に減少します。

  5. 大腿二頭筋と半腱様筋、半膜様筋は膝の主要な屈筋であり、前者は外旋筋、後二者は内旋筋としても働きます。

  6. 半月は線維軟骨からなり、内側はC字型外側はO字型を呈します。大腿骨顆と脛骨関節面のあいだに存在し、両者の形の不適合を補正して円滑な運動を可能にし、かつショックアブソーバーとして働きます。外側半月は先天的に円板状のことがあり、この場合は断裂を起こしやすい
  7. 膝関節のイラスト

  8. 前十字靭帯は脛骨の前方へのすべりを防ぎ、後十字靭帯後方へのすべりを防ぎます。
    内外側副靭帯は伸展位で緊張し、側方動揺性を防ぎます。

  9. 膝関節は単なる屈伸運動のみを行う蝶番関節ではなく、屈曲につれて下腿は内旋し、伸展すると外旋する回旋運動を伴います。最大伸展時の下腿の外旋を screw home 運動と呼びます。
    大腿骨顆と脛骨関節面のあいだでは orlling(回転)、sliding(滑動)、rotation(回旋)の3種類の運動が行われます。

  10. 下腿の筋肉は筋膜によって3個の区画 comartment に分かれます。
    前筋区画には足関節、足趾の伸展筋のほか、前脛骨動脈、深腓骨神経が含まれます。それゆえ、脛骨前症候群ではこれらの筋、神経が障害されます。
    外側筋区画には長、短腓骨筋、後筋区画には屈筋群および後脛骨筋(回外筋)が含まれます。

  11. 大腿動脈は膝窩部の下方で前、後脛骨動脈および腓骨動脈に分かれます。前脛骨動脈は前筋区画の中を走り、足背で足背動脈となります。ここで拍動をふれることができるので、循環状態の診察に役立ちます。脛骨果の後方では後脛骨動脈の拍動をふれます。

  12. 坐骨神経は膝窩部の上で脛骨神経と腓骨神経に分かれます。腓骨神経は腓骨骨頭に接して、後方から外側へ周り込み、深枝と浅枝に分かれ、それぞれ前筋区画と外側筋区画の筋群を支配します。
    脛骨神経は後筋区画の屈筋群を支配します。
  13. 坐骨神経叢のイラスト

  14. 下腿および足の内側の知覚は大腿神経から分かれた伏在神経によりますが、その他は坐骨神経の分枝である外側下腿皮神経、脛骨神経、腓骨神経によります。
    深腓骨神経の知覚は第1、2趾の背側基部のあいだの狭い範囲を支配し、その他の足背の大部分は浅腓骨神経が支配します。足底の大部分は脛骨神経によります。

  15. 距腿関節(足関節)では屈伸が行われ、距踵関節では内外反運動が行われます。

  16. 足根部にはChopart関節とLisfranc関節があります。

  17. 足根骨のうち、臨床的に重要なものは距骨踵骨、次いで、舟状骨です。

  18. 足関節の靭帯:内・外果と距骨・踵骨を結ぶ靭帯として、内側では三角靭帯、外側では前・後距腓靭帯踵腓靭帯があります。

  19. 足関節の捻挫ではこれらの靭帯が損傷します。

  20. 足関節のイラスト